世の中のニーズというのは、予想をしてもあまり意味がないと言われています。
ブームや流行は、ほんの少しのきっかけで起こったり起こらなかったりするものだからです。

しかし、医療の世界では、これこそあまり当てはまりません。
なぜなら、将来必ず訪れるとわかっている状況や情勢もあり、医療はそれに左右されることが多いため、医療界におけるニーズは確実なものと言えるのです。

高齢化社会が進む日本のニーズにあった診療科目選び

例えば、高齢化社会。日本は既に高齢化社会が始まっており、その影響も至るところで出始めています。
それに伴い需要が高まる診療科目も当然出てくるわけです。
現代における医師の転職は、常勤医と非常勤医の募集求人に見られる特徴や、将来的なニーズの増加などを考慮しながら転職先や転科先を考えるべきなのかもしれません。

間違った判断を回避することができれば収入的にも安定し、診療科目によっては独立開業なども視野に入ってくるはず。
キャリア形成の面で見ても、ニーズのある診療科目を選択しておくことに損はないでしょう。

一般内科・総合診療科・リハビリテーション科・精神科・整形外科

高齢化社会によって需要が高まる診療科目には、一般内科、総合診療科、リハビリテーション科、精神科、整形外科などが挙げられます。
高齢者が増えることで体調を崩したり病気になる人の数も増えていきます。
がん患者が増えているのは、まさに寿命が延びているから。今後その傾向はさらに強くなっていくでしょう。
となると、一般内科や総合診療科の必要性が増えることは、これも深く考えずとも導き出される結論といえます。

内科

健康寿命を増やそうという意識が高まってきた昨今ですが、これはいわば予防医学とも関係しています。
この予防医学の中心的役割を担うのも内科や内科医です。
ここからも、内科は特に需要が増加すると考えられています。

リハビリテーション科も精神科も、そして整形外科も、高齢化社会を迎えるからこそ必要な診療科目。
現在医師が不足しがちな診療科目でもありますから、転職先として選ぶ価値も大きいでしょう。

産婦人科・小児科

医師不足といえば、産婦人科や小児科なども、その要因によりニーズが増すと考えられます。
少子化社会にあっても、小児科の需要が減ることはありません。
むしろ子どもにお金をかける親が増えれば、それだけ小児科の重要性も増すと考えるのが自然です。
産婦人科にも同じことが言えるでしょう。

美容にお金をかける人も増えてきていることから、美容整形外科や皮膚科などの需要も高まってきています。
患者さんとの接点も多く、やりがいも強く感じられる診療科目です。
医師の転職は、こうしたニーズにも着目しつつ活動することをお勧めします。