若い医師で、耳鼻咽喉科を標榜しようと考える人はあまり多くはないのかもしれません。しかし、これこそ、この診療科目が社会的にニーズがある証拠。目指す人...