日本の医療分野・領域にはそれぞれ学会が存在し、すでにどこかに属している人もいるでしょう。
日本消化器病学会は、消化器病学をさらに発展させ、優秀な人材を育てるとともに、日本の医療全体の底上げを目的として活動を続けていますが、この分野は今後、特にニーズが高くなると予想されているため、転職先、あるいは転科先の候補として注目しておく価値があります。

専門的な知識やスキルが必要不可欠な消化器内科

消化器内科は内科のうちの一領域に過ぎませんが、多くの患者さんが受診します。
それだけ担当する臓器が多いのが特徴的です。
胃や腸はもちろん、肝臓やすい臓など、あらゆる部位に関する知識を必要とします。
これらは人が正常に生きていくための根幹的な役割を担っているため、診療を行う医師の専門的な知識やスキルが必要不可欠。

守備範囲の広さから一朝一夕ではこれらの知識等を習得するのは難しいものの、一般内科でキャリアを積んだ医師はもちろん、外科などで手術に携わっていた医師もさらに専門的な知識を身に付けたいと、この消化器内科へ転科するケースも珍しくはありません。

この分野に欠かすことができない内視鏡ですが、消化管内視鏡や超音波内視鏡、シングルバルーン小腸内視鏡など種々存在し、消化器内科医にはそれらを扱うための知識ももちろん必須。
全てが揃っている医療施設は限られるものの、だからこそ転職先選びは重要なのです。

また、医療の進化とともにそれが直接的に反映されるのもこの分野・領域の大きな特徴であることも無視できない点でしょう。

専門医制度で資格を取得

最初に学会の話をしましたが、特に専門医の排出は急務です。
日本消化器病学会に属し、当学会が実施する認定試験に合格すると専門医となることができますが、その数が増えれば増えるほど、日本の医療がさらに発展していくことは間違いありません。

また、この専門医制度には疑問を投げかける声もあるものの、消化器内科の分野・領域に関しては、この制度の役割が際立っていると言えそうです。

すでに説明したように、非常に広い守備範囲であり、今後のニーズの高まりが予想され、そして高度な知識や技術を要することから、この制度がなければ消化器官に関する専門的な知識を持った医師を着実に増やしていくことは難しかったでしょう。
専門医制度があることによって専門性の高い医師は確実に増えてきており、医療の日進月歩はさらに加速化しているのです。

この資格を取得するためには、学会の認定を受けた施設で腕を磨き、最新の医療に携わる必要があります。
将来的なことを考えれば、こうした施設を転職先に選ぶことも視野に入れておくべきでしょう。

資格を取得するか否かは別にして、自身の腕を効率良く磨くことができます。
その後、さらに転職や転科を考えるにしても、決して無駄な経験とはなりません。
キャリアのゴールを見据えながら、転職先や診療科目を選択する必要があるのです。